小玉の祭壇優良知識Diary

故人が生き返る可能性もあった昔のお通夜

2019年11月05日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現代でお通夜はなぜ行われるのかといえば、告別式に来られない人に個人との別れをしてもらうため、というのが理由になるでしょう。現代では告別式があっても会社を休める人ばかりではありませんし、家族みんなが働きに出ている家庭も多いです。そういう場合、時間の空く夜の方が都合がいいこともあります。また、遺族が弔問客の対応で忙しくすることで気持ちをしっかり持てるようになる、というのもお通夜を行う理由だとされています。

続きを読む

香典返しに洗剤を利用する理由とは

2019年10月12日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

香典返しについては、お通夜や葬儀でお供えという形で受け取ったご香典に関しての返礼として贈呈するものになります。お通夜や葬儀を何の問題もなく終了したことの報告及び感謝の意を込めて、香典返しを贈ることになります。香典返しの品物については、お茶並びにコーヒー、海苔というような食べ物や洗剤やタオルというような日用品がしばしば活用されます。忌明けである四十九日の法要が終わった後に、用いて失われる消えるものを香典返しという形で贈るのが暗黙のルールといわれています。

続きを読む

どんなものを用意したらよいのか

2019年09月27日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

悲しみにくれる中葬儀のお供えをどうしたらいいのかと悩むことも出てきますが、マナーを確認してから手配をするようにすれば失敗することも減らせるようになります。もしも香典を準備しているのであれば、同じ意味合いになるのでその場合は用意する必要はありませんので気をつけておきましょう。また、案内やお知らせをもらったときに辞退というように記載があるときも、うっかり持参してしまったということの内容に気を付けておいて下さい。

続きを読む

喪主は大きな決定権を与えられます

2019年08月11日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最期のお見送りをするための葬儀は、サポートが大切な役割を担っています。1人で行うわけではなく、生前にお世話になった方たちに集まっていただいてお別れをする行事だからです。遺族や親族を始め職場関係者や近所の人たちが顔合わせ、協力する役割があります。遺族が率先して指揮をとることで、スムーズな進行が実現します。役割分担は多岐に渡ります。早期の規模によって異なりますが、他の人の協力が必要不可欠です。葬儀をきちんとお別れできるように集中できる環境整えるために、しかるべき人にお願いすることが妥当になります。

続きを読む

時代と共に変化する葬祭場に関して

2019年07月13日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人間は生きていると必ず死にますが、以前に比べると死に対するイメージが変わって来ているのは確かです。最たる例と言われているのが、終活のブームではないでしょうか。自らの最期について、エンディングノートに記しておくことで、残された家族の不安が少なくなります。葬儀・告別式の進行はもちろんですが、葬祭場まで指定する方が増えています。そして、あらかじめ互助会に加入しておく手段もあります。互助会に入っておくことで、葬儀・告別式の値段を抑えることが出来ます。

続きを読む